アーカイブ

【仏教ブログ】本当に実りのある人生とは2021年10月15日 00:10

光顔寺明照廟堂(光顔寺 納骨堂)のスタッフ、仏教アドバイザーの宮田秀成です。

前回の続きです。

実りという字は、「真実」の「実」です。浄土真宗で「真実」とは、真如とも一如ともいわれる本当の私たちの迷いを離れた存在のありのままの姿をいいます。また、真実に入れようとする仏の御心や働きをいいます。

漢字でいえば、「実」の反対は「虚」です。「真」の反対は「仮」なので、「真実」の反対は「虚仮」といわれます。「虚」とは、「実」に対して「むなしい」もので、中身がなにもない状態をいわれます。

穂ばかりあっても、実がないようなもので、本当に中身があるものがないというのが、前回紹介した「よろづのこと、みなもつてそらごとたはごと、まことあることなきに、ただ念仏のみぞまことにておはします。(歎異抄)」です。

では、なぜ「念仏のみぞまこと」といわれるのでしょうか。

それは、南無阿弥陀仏は、「ほんとうのこと」がない世の中で、それでも「これは私を捨てないのではないか」「これは確かなものではないか」いろいなものを求め、それにすがっている私を呼び覚まして下さる阿弥陀仏の喚び声だからです。

私たちは、自分の抱えている煩悩に振り回されて、実態のない「虚仮」を追い求め、人と争うこともあります。そうして、何も手に入れることなく死んで置いていくのが私の姿です。

その私に、虚仮を離れて真実に引き入れようとして建てられたのが阿弥陀仏の本願です。

阿弥陀仏は、虚仮を虚仮と知らず迷いを続ける私を救うために、浄土を建立されました。その浄土へ私を呼ぶ声が南無阿弥陀仏です。

その南無阿弥陀仏は、私の口から念仏となって出てきて下さっています。口から出てくるお念仏は、そのまま私を喚ぶ声なのです。私を真実へと喚び続ける声が、私を真実へと導いて下さいます。

必ず浄土へと導かれることが、空しい人生を本当の実りあるものに変えて下さいます。

―――――――――――――――――――――――――――

宮田秀成/光顔寺・仏教アドバイザー(真宗教義、脱カルト担当)

Profile
1993年に宗教法人浄土真宗親鸞会に入信、10年間親鸞会講師として活動。
脱会後、親鸞会の教えの誤りに気づき、本願寺派の教えを中心に学びなおす。
現在、浄土真宗本願寺派光顔寺(富山)信徒。
   光顔寺スタッフ。仏教アドバイザー。

七尾市方面からの納骨堂のご利用・墓じまいについて2021年10月10日 12:10

能越道の無料化以降、七尾市はじめ能登方面からご納骨・葬儀法要・法話のご縁をいただくことが多くなっております。

(七尾方面から当納骨堂への最寄りインターは能越道福岡インターです)

そこで納骨堂のご利用に関して、七尾市民や七尾市内に墓地がおありになる方の納骨堂のご利用の流れを記させていただきます。

※一般の納骨堂ご利用の流れ

1)光顔寺納骨堂のご契約(納骨予定者様が生存中・死後を問いません)

2)クーリングオフ期間後の日程で納骨法要のご予約

3)埋葬許可証(火葬証明書)とご遺骨を持参され、納骨

※墓じまいを伴う納骨堂ご利用の流れ

墓地や納骨堂などに埋蔵・収蔵されている焼骨や遺体を、他のお墓へ移動することを「改葬」といいます。市内の墓地などから他のお墓へ改葬する場合は、市へ申請の手続きを行い、許可を受けなければなりません。      (墓地、埋葬等に関する法律第5条)

1)光顔寺納骨堂のご契約

2)光顔寺納骨堂から受け入れ証明書を発行

3)七尾市市民生活部環境課(電話番号:0767-53-8421)に光顔寺納骨堂の受け入れ証明書を添付し、改葬許可申請をする

4)七尾市より改葬許可証を受け取る

5)墓じまいの業者様の選定&契約

6)墓じまいの法要を行う(菩提寺がない方は光顔寺に依頼することもできます)

7)クーリングオフ期間後の日程で納骨法要のご予約

8)改葬許可証とご遺骨を持参され、納骨

(墓じまい業者様が遺骨を持参する場合は事前に日程連絡をお願い致します)

参考: 墓地、埋葬等に関する法律 (リンク)

【仏教ブログ】実りの秋・人生の実りについて2021年10月01日 00:10

光顔寺明照廟堂(光顔寺 納骨堂)のスタッフ、仏教アドバイザーの宮田秀成です。

長い夏もようやく終わり、10月に 入ると秋らしくなってきました。

秋といえば実りの秋です。各地では稲刈りも始まっています。

実りとは、中に果実やタネが詰まっている状態をいいます。稲を収穫したときに穂が立派でも中が空では虚しいものです。稲でいえば、豊作の時は穂の中の多く米がつまっている状態です。反対に空のものが多ければ不作となります。

稲や果実の実りは秋に多くありますが、人生の秋においての実りと言うのは何でしょうか。人生を振り返ってみて、実りのある人生だったと言える人がどれだけあるでしょうか。

実りの多い人生と聞きますと、家族や仕事に恵まれて、 多くのものを手に入れた人生を想像する方が多いと思います。世に言う成功者というものです。

しかし、どれだけどれだけ世間で成功しても、その世間というのは真実がないのだと聖徳太子は、「世間虚仮 唯仏是真」(世間は虚仮なり、ただ仏のみこれ真ぞと)といわれています。

聖徳太子は、推古天皇の摂政として当時の日本のかじ取りをされていましたが、現代よりも激しい権力闘争を勝ち残っていかれた政治家です。そういった権力欲と名誉欲のために、多くの人が命を懸けて争う環境で、またご自分もそうであることをからいわれた言葉だと思います。

苦しみや悲しみの多い人の生は、真実がない虚仮であるといわれ、その空しさを満たして下さる心のより所は仏のみであるといわれています。

同じことを、歎異抄ではこのように書かれています。

煩悩具足の凡夫、火宅無常の世界は、よろづのこと、みなもつてそらごとたはごと、まことあることなきに、ただ念仏のみぞまことにておはします。(歎異抄)

ここでは「ただ念仏のみぞまこと」といわれています。本当に真実まことといえるのは、南無阿弥陀仏だけですから、念仏の教えを聞いて頂きたいと思います。

―――――――――――――――――――――――――――

宮田秀成/光顔寺・仏教アドバイザー(真宗教義、脱カルト担当)

Profile
1993年に宗教法人浄土真宗親鸞会に入信、10年間親鸞会講師として活動。
脱会後、親鸞会の教えの誤りに気づき、本願寺派の教えを中心に学びなおす。
現在、浄土真宗本願寺派光顔寺(富山)信徒。
   光顔寺スタッフ。仏教アドバイザー。