アーカイブ

【仏教ブログ】お盆に考える―――亡き父母に対して私ができること2020年08月15日 00:08

光顔寺明照廟堂(光顔寺 納骨堂)のスタッフ、仏教アドバイザーの宮田秀成です。

前々回、浄土真宗では亡き父母の為に追善供養をすることはないと書きました。

それについて、歎異抄第5条に親鸞聖人のお言葉として以下のように言われています。

親鸞は父母の孝養のためとて、一返すにても念仏申したること、いまだ候はず。

これは、親鸞は亡き父母の追善供養(追善回向)の気持ちで念仏を称えたことは一度もないと言われたものです。

その理由の一つは、念仏は私が励んで行う善ではないからです。南無阿弥陀仏と口から称えられる念仏は、阿弥陀仏が私に差し向けられる阿弥陀仏の行であって私の行ではないと親鸞聖人は教えられています。

では、なぜ念仏を勧められるのかといえば、それは早く阿弥陀仏のお救いにあって欲しいからです。

阿弥陀仏に救われると一体どうなるのかと言えば、この世のいのちが終わると阿弥陀仏の浄土に往生し、仏のさとりを開かせて頂きます。そして仏になった後は、自在に人々を再度することができます。

そのことを、同じく歎異抄第5条にはこう書かれています。

ただ自力をすてて、いそぎ浄土のさとりをひらきなば、六道・四生のあひだ、いづれの業苦にしづめりとも、神通方便をもつて、まづ有縁を度すべきなりと。

自力の計らいを捨てて、速やかに浄土に往生して仏のさとりをひらいたならば、六道・四生といわれる迷いの世界で、どんなところで苦しんでいたとしても、神通方便をもって、まず自分と縁のあった人々を救うことができると言われています。

こう言われていることから分かるように、親鸞聖人は亡き父母に対してなんとか助かって欲しい、苦しみの世界に生まれていたとしたら何とかそこから離れて欲しいと思って折られました。それは多くの人が思うことです。

しかし、親鸞聖人は追善供養をすることではなく、自らが阿弥陀仏の救いにあって仏になることによって実際に父母を救いにいくのだと言われています。

南無阿弥陀仏によって、浄土に往生して仏のさとりをひらけば、亡き父母が浄土に往生していれば浄土で会えますし、そうでなければ、苦しむ父母兄弟を救うためどこへでも行って実際に救うことが出来ます。

そういう意味で亡き父母にあい、また本当の意味で救うには自分自身が南無阿弥陀仏によって救われることが大事です。そのためお盆の法要でも浄土真宗では教えを聞かせていただく法座が開かれています。

近くの法座に一度足を運んで見て下さい。

―――――――――――――――――――――――――――

宮田秀成/光顔寺・仏教アドバイザー(真宗教義、脱カルト担当)

Profile

1993年に宗教法人浄土真宗親鸞会に入信、10年間親鸞会講師として活動。

脱会後、親鸞会の教えの誤りに気づき、本願寺派の教えを中心に学びなおす。

現在、浄土真宗本願寺派光顔寺信徒。

   光顔寺スタッフ。仏教アドバイザー。

【ご供養便り】仮面ライダーとブッダと・・・2020年08月14日 13:08

光顔寺越乃國阿弥陀堂(光顔寺 納骨堂)の僧侶スタッフ、釋玄理です。

 

―――仮面ライダーを好きな人が、仮面ライダーの生き方を真似できなかったら、何の説得力もない。甘えてはいけないと思ったんですよ。―――

 

これを仰ったのは、読売新聞東京本社の専門委員・鈴木美潮さんという方です。

 

お寺には様々な方がお見えになります。

仏教好きな方も、永代供養を求めて来られる方も、本当に様々です。でも、大体の方は仏教徒ですよね。「無宗教だけどお寺好き。仏様好き。御朱印巡り好き」という方も含めて。

「でも、ちょっと待って」と思う場合もあります。
「そもそも仏教って何なの?」ということが抜け落ちている場合。

 

お坊さんにも抜け落ちることがあるかも・・・ (;^_^A) ?

 

仏教とは「人が仏に成るための教え」です。

(ざっくりいうと)

 

ですから、「仏様の有り様を真似できなかったら、何の説得力もない」ということになります。

 

仏様とはどういう存在か?
仏様のお話に出遇ってみませんか?

 

法話の情報はお気軽に光顔寺にお問い合わせください。

 

合掌 称名

富山 金沢 法話

砺波市内からの納骨堂のご利用・墓じまい・永代供養・新規の墓地取得について2020年08月11日 10:08

光顔寺納骨堂のスタッフRTです。

最近、砺波 市内 からの納骨堂のご利用・墓じまい・永代供養・新規の墓地取得についてご相談を賜ることが急増しております。特に手続きが必要な墓じまい(お骨のお引越し)について、砺波 市内 の墓地・納骨堂からの墓じまいの手続についてこちらに記載してみたいと思います。

●お骨のお引越しのことを法律用語で「改葬」といいます!

 既にお墓や納骨堂などに埋蔵・収蔵されている遺骨を、ほかのお墓や納骨堂に移すことを「改葬」といいます。砺波市内の遺骨を改葬するときは、砺波市役所市民課にてお手続が必要です。

b5e692719296656dd219437e50c22a45

●改葬許可申請の手順(下記に資料を添付)

  • 「改葬許可申請書」に必要事項を記入する
  • 現在遺骨が埋蔵・収蔵されているお墓や納骨堂の管理者から、上記1の申請書に埋蔵・収蔵の事実を認める署名と押印を受ける
  • 遺骨を改葬する予定のお墓や納骨堂の管理者から、「遺骨の受入を許可されていることがわかる証明書(受入許可証など)」をもらう(許可証はそれぞれの様式でもかまいませんが、受入先の管理者の署名、押印が必要です。許可証にはどなたの遺骨について受入を許可するものか明記してもらってください。)
  • 「死亡者の死亡の事実のわかる戸籍謄本」と「死亡者と申請者の関係がわかる戸籍謄本」を用意する(それぞれの本籍のある市区町村で発行。コピーでも可。砺波市の戸籍で確認できる場合は不要です。)
  • 申請者の本人確認書類(免許証など)を準備する。郵送の場合は本人確認書類のコピーを準備する
  • 上記書類を市役所へ提出する(郵送可。郵送の場合、返信用封筒を同封してください。)

<必要書類>

    〇改葬許可申請書に記載の遺骨の受入を許可されていることがわかる証明書(受入許可証など)

    〇申請者の本人確認書類(免許証、保険証など。郵送の場合はコピーを同封)

    〇死亡者の死亡の事実のわかる戸籍謄本(コピーでも可)※1

    〇死亡者と申請者の関係がわかる戸籍謄本(コピーでも可)※2

    〇返信用封筒(郵送の場合のみ)

  (※1、※2については、砺波市の戸籍で確認できる場合は不要)

 なお、改葬許可申請を代理でされる場合は、「代理人選任届(委任状)」が必要です。

 また、遺骨が死産児などのもので戸籍謄本が準備できない場合は個別に対応させていただきます。

ご不明な点がございましたら、光顔寺納骨堂(TEL0766-73-8756)までお電話ください。

d531f9d142120f0380dea1bcdb362ea5

00144dba3a9e3de11474d4948f80c4a4

ada1a92a63b2b04a30174a69e860c4d0

07ddc2db8c7f1da27188a50a06f27732

【仏教ブログ】猛暑に思うこと2020年08月06日 08:08

光顔寺明照廟堂(光顔寺 納骨堂)のスタッフ、仏教アドバイザーの宮田秀成です。

例年より遅い梅雨明けをして、全国的に真夏日が続いています。おそらく、昨年並に暑い日が続くことと思います。

特に8月は、亡くなった方について思いを起こすご縁が多い月になっています。各家庭でのお盆の仏事もあれば、広島・長崎の原爆投下、終戦の日もあります。私は、以前広島に三年ほどいたことがあります。その間、自身の被爆体験や、身内や知人の被爆体験を語る方から話を聞くことが何度もありました。詳しくは書けませんが本当に、訳も解らないまま大変な爆発が起こり、命は無事だった方が外に出て見ると大変な光景だったとのことでした。

それ以来、8月に夏の青くて高い空を見ると、どうしてもそのことを思い出すようになりました。

しかし、原爆のような大変なことが無ければ人は死なないのではありません。死の縁無量といいまして、私が今生きていることもいろんな因縁によって仮に成り立っているような不安定なものでしかありません。

蓮如上人は御文章にこのように書かれています。

「上は大聖世尊(釈尊)よりはじめて、下は悪逆の提婆にいたるまで、のがれがたきは無常なり。しかればまれにも受けがたきは人身、あひがたきは仏法なり。」(御文章3帖目4通)

お釈迦さまも、お釈迦さまの命を狙った提婆も、無常を逃れることはできません。そういう意味で、どんな人にも等しく無常はやって来ます。そして、人間に生まれるということは大変稀な有り難いことであり、仏法はまたあうことが難しいものです。

亡くなった方をご縁として、今一度無常ということを知るご縁があるのがこの猛暑の季節です。例外なく、私自身もまた逃れることができないのが無常です。そういう私がどうすればよいのかを教えられたのが仏法ですので、また仏法を聞き始めるご縁がこの季節になれば有り難いことだと思います。

―――――――――――――――――――――――――――

宮田秀成/光顔寺・仏教アドバイザー(真宗教義、脱カルト担当)

Profile
1993年に宗教法人浄土真宗親鸞会に入信、10年間親鸞会講師として活動。
脱会後、親鸞会の教えの誤りに気づき、本願寺派の教えを中心に学びなおす。
現在、浄土真宗本願寺派光顔寺信徒。
   光顔寺スタッフ。仏教アドバイザー。

【仏教ブログ】いつもと違うお盆になる人へ2020年08月01日 00:08

光顔寺明照廟堂(光顔寺 納骨堂)のスタッフ、仏教アドバイザーの宮田秀成です。

8月になると、お盆に帰省をして墓参りや、法要を務める人も多いと思います。ところが、今年はこのコロナ禍で特に東京や大阪の人を中心に帰省を取りやめようと人も多いと聞きます。

そこで、お盆とは一体なんなのかについて改めて考えて見たいと思います。

お盆の行事の起源となったのは、「孟蘭盆経」と言われています。このお経には何が説かれているのかというと、お釈迦さまのお弟子である目連尊者がお釈迦さまに相談に来ました。

目連尊者は、釈尊十大弟子の一人であり神通力第一といわれる人でした。その目連尊者は、自らの神通力をもって亡き母が今どこで何をしているのかを探して見たところ、母親は餓鬼道で苦しんでいることが分かりました。

餓鬼道とは、いつも飢えて食べたいものが食べられない世界をいいます。その餓鬼道で苦しんでいる母親を知り、目連尊者は何とか母親に食べ物を与えようとします。しかし、母親が食べ物を口に運ぼうとすると、食べ物が炎となって食べることができません。

そこで目連尊者は、お釈迦様に相談をすることになったのです。亡き母の現状を伝えて、どうしたら餓鬼道から救うことができるのでしょうかと、目連尊者はお釈迦さまに訊ねました。

それに対してお釈迦さまは、「それはお前一人の力ではどうすることもできない。多くの僧侶の力を借りるのです。そこで、今の安居の終わった日に、僧に食事と休む道具を供養しなさい。そうすれば母は今の苦しみから逃れることが出来る。母だけでなく、父も、七世に渡る父母・六親眷属も苦しみから逃れることができる。」と教えられました。

これが起源となって孟蘭盆会が行われるようになったと言われています。今日の日本で行われるお盆の法要もこれが起源と言われます。亡き母が餓鬼道に堕ちるのは、子供を育てるのにそれだけいろいろな苦労もあり、餓鬼道に堕ちるような罪を作らねばならないとみることも出来ます。亡き父母の喜ぶことは私が本当の幸せになることではないでしょうか。

そこで、浄土真宗では先祖を救うという意味での供養をすることはないので、亡き父母や先祖をご縁として仏法を聞く集まりとして孟蘭盆会(場所によっては歓喜会)が開かれます。

帰省をして、墓参りなどをするのもお盆の法要ですが、それができない人は近くの法座に参加されるのもお盆の法要になりますのでお勧めします。

―――――――――――――――――――――――――――

宮田秀成/光顔寺・仏教アドバイザー(真宗教義、脱カルト担当)

Profile
1993年に宗教法人浄土真宗親鸞会に入信、10年間親鸞会講師として活動。
脱会後、親鸞会の教えの誤りに気づき、本願寺派の教えを中心に学びなおす。
現在、浄土真宗本願寺派光顔寺信徒。
   光顔寺スタッフ。仏教アドバイザー。