アーカイブ

【仏教ブログ】会者定離と倶会一処2019年12月31日 12:12

光顔寺納骨堂のスタッフ、仏教アドバイザーの宮田秀成です。

今年も師走となり、年賀状の準備に忙しい方もあると思います。毎年、何人かの方から喪中につき年賀お断りのハガキを頂きます。その中にしばらく会っていなかった方の家族からハガキが来て、初めてその方にはもう会えないと知る場合もあるでしょう。会者定離とはいえ、実際にそういう場面になるとなんとも寂しい気持ちになります。

では、離れ離れになった人とはもう二度と会うことが出来ないのでしょうか?浄土仏教では、再び会える場所が有ると教えられています。それが、浄土です。阿弥陀経には「倶会一処」と説かれています。

こちらがその部分です。

舎利弗。衆生聞者。応当発願。願生彼国。所以者何。得与如是。諸上善人。倶会一処。

「舎利弗、衆生聞かんもの、まさに発願してかの国に生ぜんと願ふべし。ゆゑはいかん。かくのごときの諸上善人とともに一処に会することを得ればなり。」

現代文

舎利弗よ、このようなありさまを聞いたなら、ぜひともその国(浄土)に生れたいと願うがよい。そのわけは、これらのすぐれた聖者たちと、ともに同じところに集うことができるからである。

もちろん死んだ人がすべて浄土に往生しているわけではありません。

阿弥陀仏の本願念仏に救われた人は必ず浄土に往生します。そして、同じように阿弥陀仏の本願念仏に救われた人はともに同じ浄土に往生するので「倶会一処(ともに一つのところで会う)」と説かれています。すでに先立った人が、浄土に往生されていれば、次に浄土往生する人にとっては別れとはしばしの間のことで、永遠の別れではありません。

阿弥陀仏の本願はすべての人を浄土に生まれさせるというものです。そのために、具体的に現れてくださったのが南無阿弥陀仏です。本願を信じ、南無阿弥陀仏を称えるものを必ず浄土に生まれさせるというのが阿弥陀仏の願いです。その阿弥陀仏の本願を聞いて信じ浄土往生する身に救われて下さい。

―――――――――――――――――――――――――――

宮田秀成/光顔寺・仏教アドバイザー(真宗教義、脱カルト担当)

Profile
1993年に宗教法人浄土真宗親鸞会に入信、10年間親鸞会講師として活動。
脱会後、親鸞会の教えの誤りに気づき、本願寺派の教えを中心に学びなおす。
現在、浄土真宗本願寺派光顔寺信徒。
   光顔寺スタッフ。仏教アドバイザー。

【メディア掲載】2019/12/29 富山新聞様朝刊に弊寺の除夜会(除夜の鐘)・万燈会・修正会のプレイベントが紹介されました。2019年12月29日 18:12

 光顔寺の年末年始の取り組みが2019/12/29 富山新聞朝刊(北國新聞社・金沢市)に掲載されました。

 弊寺は令和元年12月31日午後9時~令和元年1月1日午前1時まで下記の通り「お寺でキャンドルナイト(万燈会)」を行います。千余りのキャンドルの明かりのみで読経を行い、一般参列者には先着順で、御酒(修正会時)・酒粕(除夜会時)・おしるこ(缶)・蕎麦(カップ)等がふるまわれます。

令和元年の終わりに平成の始まりと共に休止していた一連のイベントを再開いたします。

当地では、平成6年のクロスランド小矢部竣工を皮切りに、年末年始のイベントをクロスランドで行ってまいりました。昨年、財源の問題等で将来タワーの廃止が決定されて以降、当地の人心を照らすことが何かできないかと考え、かつてのイベントを再興・発展させ、今回の下記実施となりました。

実施日時   令和元年12月31日午後9時~令和2年1月1日午前1時

日  程   午後 8時30分~9時 キャンドル点灯

       午後 9時~      一般参拝者 除夜の鐘 打鐘開始

       午後10時

       ~10時30分     除夜会<キャンドルのみで読経>

       午後11時

       ~11時50分     僧侶も除夜の鐘 打鐘に参加

       午前 0時

       ~ 0時30分     修正会<キャンドルのみで読経>

                                     <雅楽入り>

以上

【メディア掲載】2019/12/29 北日本新聞様朝刊に弊寺の除夜会(除夜の鐘)・万燈会・修正会のプレイベントが紹介されました。2019年12月29日 18:12

 光顔寺の年末年始の取り組みが2019/12/28北日本新聞様朝刊に掲載されました。

 弊寺は令和元年12月31日午後9時~令和元年1月1日午前1時まで下記の通り「お寺でキャンドルナイト(万燈会)」を行います。千余りのキャンドルの明かりのみで読経を行い、一般参列者には先着順で、御酒(修正会時)・酒粕(除夜会時)・おしるこ(缶)・蕎麦(カップ)等がふるまわれます。

令和元年の終わりに平成の始まりと共に休止していた一連のイベントを再開いたします。

当地では、平成6年のクロスランド小矢部竣工を皮切りに、年末年始のイベントをクロスランドで行ってまいりました。昨年、財源の問題等で将来タワーの廃止が決定されて以降、当地の人心を照らすことが何かできないかと考え、かつてのイベントを再興・発展させ、今回の下記実施となりました。

実施日時   令和元年12月31日午後9時~令和2年1月1日午前1時

       

日  程   午後 8時30分~9時 キャンドル点灯

       午後 9時~      一般参拝者 除夜の鐘 打鐘開始

       午後10時

       ~10時30分     除夜会<キャンドルのみで読経>

       午後11時

       ~11時50分     僧侶も除夜の鐘 打鐘に参加

       午前 0時

       ~ 0時30分     修正会<キャンドルのみで読経>

                                     <雅楽入り>

以上

【仏教ブログ】~祖母の死に思う~盛者必衰会者定離。2019年12月05日 12:12

光顔寺納骨堂のスタッフ、仏教アドバイザーの宮田秀成です。

先日、祖母が96歳で亡くなりました。死因は老衰でした。8年前より特別養護老人ホームに入り、特別な病気もなく元気だった祖母でしたが、いわゆる寄る年波には勝てずに亡くなりました。今回の祖母の死を縁として改めて知らされたのは、特別な病気や事故に遭わなくても人は必ず死ぬということでした。

老衰の症状というのは人によって異なる点もあると思いますが、私の祖母の場合は徐々に食べ物を受け付けなくなり、やがてほとんど食べなくなり、栄養状態が悪くなった結果死に至るというものでした。主治医も「病気なら薬を投与するという対応策もあるけれど、病気でもなく死んでいく人には対処する方法がない」と言っていました。確かに、どれだけ医学が進歩しても老衰を止める薬はでないようです。

そこで思い出すのは以下の御文章の一節です。

蓮如上人が書かれた御文章の2帖目7通にこのように書かれています。

−−

たとひまた栄華にほこり栄耀にあまるといふとも、盛者必衰会者定離のならひなれば、ひさしくたもつべきにあらず。ただ五十年・百年のあひだのことなり。それも老少不定ときくときは、まことにもつてたのみすくなし。これによりて、今の時の衆生は、他力の信心をえて浄土の往生をとげんとおもふべきなり。

−−

大まかな意味を書くと、たとえどれだけ名声や経済的成功をしたとしても、盛んなるものは必ず衰え、会うものは必ず別れるのが世のならいであるならば、いつまでも続くものではありません。ただ、50年・100年の間のことです。それに加えて「老少不定(死ぬ順番は年齢順ではない)」と聞く時は、本当にたよりになるものはありません。こういうことから、今生きている人は、他力の信心を獲て浄土往生を遂げて頂きたいと思うばかりです。

いつまでも生きていられる人はいない以上、いつかは別れる時が来ます。どれだけ健康だと言っていても、死ななくなるのではありません。私の祖母も病気らしい病気もないまま老衰で亡くなりました。それに老少不定の世の中ですから、年をとったものから順番に死んでいくのではありません。

だからこそ、浄土真宗では他力の信心をえて浄土往生を遂げなさいと進められています。

死ぬことは、ただこの世を終わった行くのではなく浄土に往生するご縁となるので、死ぬこともまた有り難いご縁となります。そういう教えと知って、仏教の教えを聞いて頂きたいと思います。

―――――――――――――――――――――――――――

宮田秀成/光顔寺・仏教アドバイザー(真宗教義、脱カルト担当)

Profile
1993年に宗教法人浄土真宗親鸞会に入信、10年間親鸞会講師として活動。
脱会後、親鸞会の教えの誤りに気づき、本願寺派の教えを中心に学びなおす。
現在、浄土真宗本願寺派光顔寺信徒。
   光顔寺スタッフ。仏教アドバイザー。