アーカイブ

正しさと救いについて思うこと2019年06月30日 18:06

光顔寺明照廟堂(光顔寺 納骨堂)のスタッフ、仏教アドバイザーの宮田秀成です。

ここ最近の痛ましい事件を通じて思ったことを書きます。

先日、元農林水産省の事務次官が、息子を刺殺したという事件がありました。報道によれば、2019年5月28日に神奈川県川崎市で発生した私立カリタス小学校の児童ら20人殺傷事件を見て、「このままでは息子が第三者に危害を加える」と思い犯行に及んだとのことです。

なぜ、我が子の命を自分の手で絶たなければならなかったのかという点については、本人にしか分からない事情もあります。しかし、その時その父親は「これが正しい」と判断したのだと思います。しかし、その「正しい」の思いは、何よりも父親自身を救ったことにはなっていません。息子の命をこの手で奪ったことについて、「全く後悔をしていない」と言い切る事はできないでしょう。

では、この父親はどうすればよかったのでしょうか?第三者としてはあれこれいうことも出来るでしょうし、それぞれの立場で「あの時はこうするべきだった」という人もいます。その人が信じる「正しいこと」を述べたとしてもその「正しさ」は当事者を救うことにはなりません。

ここで分かる事は、「本当の意味で正しいこと」が人を救うのであれば、私たちはその「正しいこと」を知り得ないということです。

浄土真宗を開かれた親鸞聖人の言葉として、歎異抄には以下のように書かれています。

聖人の仰せには、「善悪のふたつ、総じてもつて存知せざるなり。そのゆゑは、如来の御こころに善しとおぼしめすほどにしりとほしたらばこそ、善きをしりたるにてもあらめ、如来の悪しとおぼしめすほどにしりとほしたらばこそ、悪しさをしりたるにてもあらめど、煩悩具足の凡夫、火宅無常の世界は、よろづのこと、みなもつてそらごとたはごと、まことあることなきに、ただ念仏のみぞまことにておはします」とこそ仰せは候ひしか。(歎異抄)

(現代文)

親鸞聖人は、「何が善であり何が悪であるのか、 そのどちらもわたしはまったく知らない。 なぜなら、如来がそのおこころで善と思いに なるほどに善を知り尽くしたのであれば、善を 知ったといえるであろうし、また如来が悪と お思いになるほどに悪を知り尽したので あれば、悪を知ったとえいえるからである。

しかしながら、わたしどもはあらゆる煩悩をそなえた凡夫であり、この世は燃えさかる家のようにたちまちに移り変わる世界であって、すべてはむなしくいつわりで、真実といえるものは何一つない。その中にあって、ただ念仏だけが真実なのである」と仰せになりました。

もし、私が考える「正しいこと」が人を救えるのならば、この世に苦しむ人はありません。なぜなら、苦しむ人の多くは、「こうなるとは思ってもいなかった」と考えるからです。「私が正しいと思うことが救いにはならない」ことから、親鸞聖人のは「阿弥陀仏が正しいと選ばれた念仏」が本当の救いだと教えられました。

―――――――――――――――――――――――――――

宮田秀成/光顔寺・仏教アドバイザー(真宗教義、脱カルト担当)

Profile
1993年に宗教法人浄土真宗親鸞会に入信、10年間親鸞会講師として活動。
脱会後、親鸞会の教えの誤りに気づき、本願寺派の教えを中心に学びなおす。
現在、浄土真宗本願寺派光顔寺信徒。
   光顔寺スタッフ。仏教アドバイザー。

諸行無常から考えること2019年06月09日 10:06

光顔寺明照廟堂(光顔寺 納骨堂)のスタッフ、仏教アドバイザーの宮田秀成です。

前回の記事で、諸行無常について書きました。今回も諸行無常について続けて書いていきたいと思います。ここ最近でも、交通事故や、通り魔殺人事件などいつ何が起きるか分からないと感じる報道が続いています。天災は忘れた頃にやってくると言いますが、人の命が無常であるということも日々忘れながら私たちは生きています。

その無常ということで、浄土真宗の方なら耳にされたことがあるのが蓮如上人の白骨の御文といわれるものです。有名な「朝には紅顔ありて、夕には白骨となれる身」と人の命の無常なることを書かれたところから、そう呼ばれています。

この白骨の御文を書かれた蓮如上人は、御自身もご家族の無常に何度もあわれた方でした。蓮如上人が57才の時に、26才だった長女を亡くされ、58才の時には25才だった次女を亡くされています。また、64才の時には奥さんを亡くされ、69才の時には、42才の長男を亡くされています。

子供に先立たれる親の気持ちというのは、昔も今も変わりはありません。蓮如上人は、この白骨の御文以外にも、世の無常について御文を書かれています。

「されば人間のはかなきことは老少不定のさかひなれば、たれの人もはやく後生の一大事を心にかけて、阿弥陀仏をふかくたのみまゐらせて、念仏申すべきものなり。(白骨の御文)」

人間の命のはかないことは、年を取ったものが先に死んでいくと決まってはいないところであるから、どんな人でも後生の一大事をこころにかけて、阿弥陀仏を疑い無くあてたよりにして、念仏申しなさいといわれています。

この後生の一大事とは、この命が尽きた後の最も重要なことをいいます。この生死の問題を解決して浄土に往生して仏のさとりをひらくことを言います。それをこころにかけよというのは、この無常な世だからこそ、どうにもならないと後ろ向きに考えるのではなく、必ず死んでいく身が浄土に往生する道があることをどうか知って、浄土往生する身になって下さいということです。それもこの命のある間にその身に救われるかどうかは決まるので、阿弥陀仏をふかくたのみまいらせてと勧めておられます。

家族だけでなくわが身が無常であることは、いつでもどこでも変わりませんが、そんな私が浄土往生の身に救われるという阿弥陀仏の救いもいつでもどこでも変わらず働いておられます。

諸行無常を考える時には、この後生の一大事も考えてみて下さい。

―――――――――――――――――――――――――――

宮田秀成/光顔寺・仏教アドバイザー(真宗教義、脱カルト担当)

Profile
1993年に宗教法人浄土真宗親鸞会に入信、10年間親鸞会講師として活動。
脱会後、親鸞会の教えの誤りに気づき、本願寺派の教えを中心に学びなおす。
現在、浄土真宗本願寺派光顔寺信徒。
   光顔寺スタッフ。仏教アドバイザー。

6月2日(日) 永代経・祠堂経/光顔寺第三期改修記念法要のご案内2019年06月01日 11:06

 令和元年6月2日(日)の永代経・祠堂経法要は光顔寺第三期改修記念法要と併せて行います。

 浄土真宗本願寺派(西)の最大学派である富山県発祥の空華学轍(くうげがくてつ)を代表する行信教校(大阪)の天岸淨圓(あまぎしじょうえん)校長に記念法話をしていただきます。

 富山・石川両県では滅多に聞けないお話です。是非、お越しください(参加自由)。

 尚、お昼には光顔寺門徒の方々による手作りのお斎(おとき/お食事)をご用意しております。

 どうぞ、お誘いあわせの上お越しください。

光顔寺永代経・祠堂経法要/光顔寺第三期改修記念法要

6月2日(日)

記念布教使:天岸淨圓師

10:00~勤行

10:30~記念法話

12:00~お斎(おとき/お食事)

14:00~勤行

14:30~記念法話

(16:20頃、終了予定)