アーカイブ

【終活通信】ガラケーのKT2018年11月11日 19:11

光顔寺越乃國阿弥陀堂(光顔寺 納骨堂)のスタッフ、終活プランナーのKTです

http://yokoyama.blog.jp/archives/6207061.html

1枚の写真の投稿で、フアンが増えるとか。年間200万人の訪問者とか。今の時代、文章にたよるは化石。体験した写真のネツトの投稿。
現地に訪れ、帰宅して国営放送で同じテーマで、起死回生の各地の取り組み放映。下手な文章書くより、インパクトのある写真の投稿での拡散。そして共感者の拡大。ビジネス手法はかわってきました。写真を撮りたくなるような仕掛けを作ること。目新しいことを投稿して、地域に関心を持たせること。などなど。

こんな事態についていけないガラケーのKTです。文章でお伝えする情報もまだまだありました。バスガイドさんの情報いくつか、ご紹介。

 

岐阜 納骨堂 永代供養

【終活通信】「全国石製品協同組合」アンケートより―――「墓じまい=供養行為を行わない」は間違い?2018年11月07日 18:11

光顔寺越乃國阿弥陀堂(光顔寺 納骨堂)のスタッフ、終活プランナーのKTです。

古いお墓の遺骨は必ず新しいお墓が必要です。

誰もおお参りしないお墓が無縁墓となります。

記事にあるように、今まであった遺骨を新しくお墓を立てて供養される方が昨今多くなりました。新しいお墓として納骨堂が選択肢の1つになっています。古いお墓がどこに立っていたのかで、このような刺激的な記事になっているだけの事です。

納骨堂は、具体的なお墓の提供とともに、先祖の供養がいかにあるべきかを考えた今日の新しい考え方をご家族に提案させていただいています。
納骨堂が指示される大きな理由の1つです。

「墓じまい=供養行為を行わない」は間違い?

実際に墓じまいを行った人たちは、お墓を返還したあとの遺骨をどうしているのでしょうか。「全国石製品協同組合」が実施した“墓じまいについてのアンケート調査”では、墓じまいを行った男女141名のお墓事情が明らかにされています。

まず“墓じまいの理由”で最も多かったのが、「継承者がいない(62.8%)」という回答。大多数の人が継承者問題による墓じまいだったことが分かりましたが、その一方では「継承者はいるが子どもに迷惑をかけたくない(6.6%)」という理由でお墓を返還したとの声も。

続いての“墓じまいをした後の遺骨”については、第1位に「新しいお墓を建てて納骨した(42.3%)」がランクイン。第2位には「納骨堂への収蔵(16.1%)」、第3位には「永代供養墓(14.6%)」が選ばれています。一見「墓じまい=供養行為を行わない」というイメージが強いですが、ほとんどの人が“お墓の引っ越し”として墓じまいをしていることが判明。

金沢,富山,墓じまい

【メディア掲載】北國新聞様に弊寺の取り組みが掲載されました2018年11月01日 12:11

【メディア掲載】47NEWS様に弊寺の取り組みが掲載されました2018年11月01日 12:11

【メディア掲載】富山新聞様に弊寺の取り組みが掲載されました2018年11月01日 12:11

【終活通信】エンディングノートの書き方を勉強2018年11月01日 12:11

~あなたのエンディングノートを50日間で完成~

http://www.yuhoffice.jp/endingnote

光顔寺越乃國阿弥陀堂(光顔寺 納骨堂)のスタッフ、終活プランナーのKTです。

わずか500円とのことで、エンディングノートがマスターできるとは。勉強してみます、良い情報があればもちろんご紹介します。以下、

 

あなたが抱える将来に対する漠然とした不安。

エンディングノートを書いてみようとはしたものの、何から手を付けていいかわからず、書き進めることができない。

そしてますます不安が募る・・・。

そんなあなたのために、終活のプロがエンディングノートの書き方
を伝授!

あなたのエンディングノートが50日間で完成!

費用はたったの500円。プロ並みの知識がワンコインで手に入る!

 

金沢 富山 終活

1 2