仏教ブログ

年始に思うこと2019年01月07日 21:01

年が変わりました。みなさん明けましておめでとうございます。

光顔寺明照廟堂(光顔寺 納骨堂)のスタッフ、仏教アドバイザーの宮田秀成です。

とはいっても、この記事も公開は1月1日から何日か経っていますので、すでに仕事にみなさん入られていることかと思います。

年が改まると心機一転ともいいますか、気持ちがリセットされる方も多いと思います。昔から「一年の計は元旦にあり」といいまして、元旦に今年一年の目標を立てようという人もあります。しかし、この言葉はこれ単体ではなく、実際はもっと長くて以下のものです。

「一日の計は朝にあり、一年の計は元旦にあり、一生の計は少壮の時にあり。」

※少壮(しょうそう)=若くて元気のよいこと。また、その年頃。

「計」というのは、「計画」の「計」です。自分で「こうなりたい」というものを立てるということになります。「一日の計」だと、考えやすいです。「今日はこういう仕事をしよう」とか「今日までにここまで終わらせよう」「今日はここに行こう」というように具体的なものがあります。

しかし、「一年の計」といわれるとどうでしょう?受験生なら「志望校に合格」とか、仕事を持っている人は「今年にはここまでいきたい」なとあるでしょう。

それでは、「一生の計」といわれたらどうでしょう?「わたしの人生」として考えた時、本当にしたかったことは何でしょうか?「一生過ぎやすし」(蓮如上人 御文章より)と言われます。人生100年時代と言われていますが、仮に100歳まで生きたとしたら、今の年齢と照らし合わせて見るとあと○○年あることになります。10歳の方は90年(略)60歳の方は40年、70歳の方は30年、80歳の方は20年あります。

そう言われると、何だか焦る気持ちが出ては来ないでしょうか?「あと○○年で出来ることって何だろうか?」と考える人もあると思います。しかし、その「○○年で出来たこと」も、何時かは置いて行かねばならない日が来ます。

それを蓮如上人の御文章に以下のように書かれています。

「まことに死せんときは、かねてたのみおきつる妻子も財宝も、わが身にはひとつもあひそふことあるべからず。されば死出の山路のすゑ、三塗の大河をばただひとりこそゆきなんずれ。」(蓮如上人御文章1帖目11通)

(いよいよ死んでいかねばならないときは、それまでたよりにしていた妻子も財産も、私についてきては暮れません。死んだ先にはたった一人で行かねばなりません。)

そう考えると「親のため」「子供のため」「孫のため」と頑張ってきたものは残りますが、「わが身にはひとつもあひそふことあるべからず」ということになります。「私には何も残らない」ということです。

もちろん「自分のことはどうでもいい」という人もあると思いますが、本当にそれでいいのでしょうか?仏教では「仏のさとりをひらく」のが、仏教の目的です。誰のためでもなく、私自身がこの生死を離れて仏になるという教えです。

一年の計は「生死を離れて仏になる」と言うのがいいのではないかと思います。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

宮田秀成/光顔寺・仏教アドバイザー(真宗教義、脱カルト担当)

Profile
1993年に宗教法人浄土真宗親鸞会に入信、10年間親鸞会講師として活動。
脱会後、親鸞会の教えの誤りに気づき、本願寺派の教えを中心に学びなおす。
現在、浄土真宗本願寺派光顔寺信徒。
   光顔寺スタッフ。仏教アドバイザー。

仏教は誰のため?父の葬儀を通して2018年12月18日 16:12

光顔寺明照廟堂(光顔寺 納骨堂)のスタッフ、仏教アドバイザーの宮田秀成です。
今回が、初めての投稿になります。よろしくお願い致します。

こちらは「仏教ブログ」ということで、浄土真宗に限定しない形で、仏教に少しでも関心を持たれた方にむけた形で書いていきたいと思います。講座や講義のような形ではなく、御自身の実生活によりそった内容を目指していたいと思います。

そこで、第一回目は「仏教は誰のため?」ということについて書いていきます。
このような内容について書くのは、寺の役員をされているような方を除くと、多くの人に取って「仏教」「寺」「僧侶(または住職)」とは、自らが喪主なるとき以外は接触がないのではないでしょうか?

私個人の経験を書きますと、私の父は2015年1月に脳幹出血で午前6時頃倒れて、同日18時には息を引き取りました。私は長男でしたが、親戚も含めて最初に問題になったのは「どこの寺に電話したらいいの?」でした。といいますのも、私の父親は出生地を離れて、自営業を始める為に市街地に引っ越して店を構えていたからでした。先祖代々お世話になった寺は跡継ぎはなく、過疎化で別の寺の住職が兼任するという状態でした。

そこから親戚があちこち調べて葬儀を含めてお世話になる寺を調べて電話をしました。その後、通夜、葬儀、火葬、49日の法要、納骨と続きました。

この文章を読まれている方で、喪主になられたり、また身近な方の葬儀に参列された方もあると思います。そういう「葬儀の当事者」にとって「仏教」「寺」「僧侶(または住職)」は、「亡くなられた方のためにあるもの」と思われる方も多いかも知れません。

実際私も、亡父の葬儀の喪主としていろいろと関わってきて見えてきたことは、ほぼ全員といっていいくらい「仏教」「寺」「僧侶(または住職)」は、「亡くなられた方のためにあるもの」と思われているのだなということでした。

言い替えると「まだ死んでもいない自分には関係ないもの」と思われる方も多いということです。ですから、葬儀に関係して「あの一連のことはどういう意味があったのだろう?」と思われている人もあるかもしれません。

ここで、結論をいいますと仏教とは「死んだ人のためではなく私のための」「死んでからではなく今の」ものです。

そういうことを中心に「仏教は私のためのものだったのか」と知っていただきたいと思って今後このブログに書いていくので宜しくお願いいたします。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

宮田秀成/光顔寺・仏教アドバイザー(真宗教義、脱カルト担当)

Profile
1993年に宗教法人浄土真宗親鸞会に入信、10年間親鸞会講師として活動。
脱会後、親鸞会の教えの誤りに気づき、本願寺派の教えを中心に学びなおす。
現在、浄土真宗本願寺派光顔寺信徒。
   光顔寺スタッフ。仏教アドバイザー。

仏教アドバイザーに就任いたしました2018年12月16日 11:12

今般、光顔寺の仏教アドバイザー(真宗教義、脱カルト担当)に就任いたしました。

私は1993年に宗教法人浄土真宗親鸞会に入信しました。
その後、親鸞会講師部員となり10年間親鸞会講師として活動をしました。

その後、2008年末に「親鸞会講師部を辞めるなら1000万円支払う誓約書を書け」の話が出て、さすがにこの団体にはついていけないと感じて脱会しました。

脱会に際し、教義の疑問というのは意外に思われるかも知れませんが、それほどなかったのが実態です。私の場合は脱会した(正確には除名処分をうけてはじき出されて)から、いろいろ勉強して教義の誤りに気がついたというものです。

「なんとなくおかしい」くらいには感じていましたが、「絶対に違う」とまでは思っていませんでした。また、そうでなければ10年間講師部員でありつづけることはできませんでした。それだけ、外部情報と遮断されていたのでその状態で「教義がおかしい」と断言できるような物差しが当時の私にはありませんでした。
譬えていうと、太平洋戦争中に大本営の情報にしか触れていないかつ、空襲もうけていない地域の一市民が、「日本は負ける」と思わないようなものです。

ただ、なんとか救われよう という気持ちがふと起こされて、御文章だけをたよりにしていたような状況でした。
御文章を真剣によんでいくと「なんのやうもなく」など、正直よくわからない表現が気になりじたばたしていたので、そのころは親鸞会の教義=浄土真宗でしたのでさして疑問は起きていませんでした。

ただ、御文章によって救われてみると、組織の異常な状態にはつねづね疑問をもっていたので、「1000万円の誓約書」の話が出た時に、完全にもう辞めようと踏ん切りがついたというものです。

その後は、主に本願寺派の教えを中心に学んでいます。
とはいえ、私は僧籍を取ってはいません。

その理由は、かつて「親鸞会」という組織の論理にふり回されてきたからです。組織の大小に関わらず、組織を作ると「組織の論理」というものが働いてきます。もちろん、組織には良い面も有るのですが、私個人としては組織に属する生き方はしないと考えています。

そんな私ですが、本願寺派光顔寺の信徒として、非常勤スタッフとて活動をさせて頂けるのは大変な喜びです。個人的には、多くの人に浄土真宗の教えを知っていただきたい、浄土真宗の救いにあって救われて頂きたいと思って山口を中心に全国で活動しています。

そんな私ですが、宜しくお願いいたします。

                                   

宮田秀成/光顔寺・仏教アドバイザー(真宗教義、脱カルト担当)

Profile
1993年に宗教法人浄土真宗親鸞会に入信、10年間親鸞会講師として活動。
脱会後、親鸞会の教えの誤りに気づき、本願寺派の教えを中心に学びなおす。
現在、浄土真宗本願寺派光顔寺信徒。
   光顔寺スタッフ。仏教アドバイザー。