アーカイブ

砺波市内からの納骨堂のご利用・墓じまい・永代供養・新規の墓地取得について2021年01月19日 10:01

光顔寺納骨堂のスタッフRTです。

最近、砺波 市内 からの納骨堂のご利用・墓じまい・永代供養・新規の墓地取得についてご相談を賜ることが急増しております。特に手続きが必要な墓じまい(お骨のお引越し)について、砺波 市内 の墓地・納骨堂からの墓じまいの手続についてこちらに記載してみたいと思います。

●お骨のお引越しのことを法律用語で「改葬」といいます!

 既にお墓や納骨堂などに埋蔵・収蔵されている遺骨を、ほかのお墓や納骨堂に移すことを「改葬」といいます。砺波市内の遺骨を改葬するときは、砺波市役所市民課にてお手続が必要です。

b5e692719296656dd219437e50c22a45

●改葬許可申請の手順(下記に資料を添付)

  • 「改葬許可申請書」に必要事項を記入する
  • 現在遺骨が埋蔵・収蔵されているお墓や納骨堂の管理者から、上記1の申請書に埋蔵・収蔵の事実を認める署名と押印を受ける
  • 遺骨を改葬する予定のお墓や納骨堂の管理者から、「遺骨の受入を許可されていることがわかる証明書(受入許可証など)」をもらう(許可証はそれぞれの様式でもかまいませんが、受入先の管理者の署名、押印が必要です。許可証にはどなたの遺骨について受入を許可するものか明記してもらってください。)
  • 「死亡者の死亡の事実のわかる戸籍謄本」と「死亡者と申請者の関係がわかる戸籍謄本」を用意する(それぞれの本籍のある市区町村で発行。コピーでも可。砺波市の戸籍で確認できる場合は不要です。)
  • 申請者の本人確認書類(免許証など)を準備する。郵送の場合は本人確認書類のコピーを準備する
  • 上記書類を市役所へ提出する(郵送可。郵送の場合、返信用封筒を同封してください。)

<必要書類>

    〇改葬許可申請書に記載の遺骨の受入を許可されていることがわかる証明書(受入許可証など)

    〇申請者の本人確認書類(免許証、保険証など。郵送の場合はコピーを同封)

    〇死亡者の死亡の事実のわかる戸籍謄本(コピーでも可)※1

    〇死亡者と申請者の関係がわかる戸籍謄本(コピーでも可)※2

    〇返信用封筒(郵送の場合のみ)

  (※1、※2については、砺波市の戸籍で確認できる場合は不要)

 なお、改葬許可申請を代理でされる場合は、「代理人選任届(委任状)」が必要です。

 また、遺骨が死産児などのもので戸籍謄本が準備できない場合は個別に対応させていただきます。

ご不明な点がございましたら、光顔寺納骨堂(TEL0766-73-8756)までお電話ください。

d531f9d142120f0380dea1bcdb362ea5

00144dba3a9e3de11474d4948f80c4a4

ada1a92a63b2b04a30174a69e860c4d0

07ddc2db8c7f1da27188a50a06f27732

【仏教ブログ】「密」を避ける昨今ですが、とても親密なのが阿弥陀仏です22021年01月15日 00:01

光顔寺明照廟堂(光顔寺 納骨堂)のスタッフ、仏教アドバイザーの宮田秀成です。

前回の記事の続きとして書きます。

阿弥陀仏と私は疎遠な関係ではなく、親密な関係です。念仏するものを、摂め取って捨てることはありません。それについて「親縁」ということについて書かれたのが、前回紹介した善導大師の「散善義」のお言葉です。「親縁」とは親しい関係ということです。

一には親縁を明かす。衆生、起行して口に常に仏を称すれば、仏すなはちこれを聞きたまう。身に常に仏を礼敬すれば、仏すなはちこれを見たまう。心に常に仏を念ずれば、仏すなはちこれを知りたまう。衆生、仏を憶念すれば、仏もまた衆生を憶念したまう。

彼此の三業、あい捨離せず(彼此三業不相捨離)。故に親縁と名づくるなり。(定善義)

私が口に南無阿弥陀仏と申すと、いつどこで何回称えたとしてもその全てを阿弥陀仏は聞いておられます。私が阿弥陀仏をいつどこで合掌礼拝しても、阿弥陀仏はそのすべてを見ておられます。私が心に阿弥陀仏をいつどこで念じても、阿弥陀仏はその全てを知っておられるます。

私が阿弥陀仏を思えば、阿弥陀仏もまた私を思っておられます。

このように阿弥陀仏(彼)と私(此)の体の行い、口から出る言葉、心で思うこと(三業)は互いに捨てたり離れることがありません。こういうことから「親縁」といわれます。

人間同士だと、何かを思ったとしても口に出さねば相手に伝わることはありません。また、仮に言葉にしたとしても部屋で一人つぶやいても相手は知ることはありません。相手に近づいて言葉にしないと私の思いは伝わることはありません。

「密」を避けようという昨今では、身体的な距離も、心理的な距離も感じる場面が増えてきました。しかし、阿弥陀仏は南無阿弥陀仏と私に呼びかけられています。その南無阿弥陀仏とは、われをたのめ、必ず救うという阿弥陀仏の救いの喚び声です。

その南無阿弥陀仏を私が聞いて疑い無いことを信心といいますが、その上で、私と南無阿弥陀仏は常に離れずともにあることになります。どんなに一人だと思っても、念仏の摂め取って捨てられません。私を決して一人にしておかれないのが阿弥陀仏です。

―――――――――――――――――――――――――――

宮田秀成/光顔寺・仏教アドバイザー(真宗教義、脱カルト担当)

Profile
1993年に宗教法人浄土真宗親鸞会に入信、10年間親鸞会講師として活動。
脱会後、親鸞会の教えの誤りに気づき、本願寺派の教えを中心に学びなおす。
現在、浄土真宗本願寺派光顔寺(富山)信徒。
   光顔寺スタッフ。仏教アドバイザー。

【仏教ブログ】「密」を避ける昨今ですが、とても親密なのが阿弥陀仏です2021年01月01日 00:01

光顔寺明照廟堂(光顔寺 納骨堂)のスタッフ、仏教アドバイザーの宮田秀成です。

年も改まりましたが、昨年来のコロナ禍はいまだ先行きは不透明なままです。それを受けて、2020年のユーキャン新語・流行語大賞は「3密」でした。また2020年の今年の漢字は「密」でした。

新型コロナウイルス感染対策ということで、マスクを着用して人との距離を取るのもすっかり定着してから10ヶ月近く建ちました。以前からの知り合い通しでも、マスクを外して話をしたことがない人が多いです。同居している家族以外は、今まで通りのコミュニケーションが取れなくなりました。

人は孤独な存在ですから、なおさら「密」を避けましょうと言われると、親密な関係の有り難さが知らされます。年末年始に、子供や孫が帰省してこれなくなったことで、それを感じた方も多いのではないかと思います。

家族や知人でも以前より遠いなったような昨今ですから、仏様と聞いてもなおさら自分から疎遠な存在のように思われる人も多いかもしれません。しかし、そうではありません。浄土真宗では、阿弥陀仏と私は大変親密な関係なのだと教えられています。

それが「彼此三業不相捨離(彼此の三業、あい捨離せず)」という善導大師のお言葉です。これは、蓮如上人の書かれた御文章にも引用されています。(3帖目7通)

以下、善導大師の書かれた文章を引用します。

一には親縁を明かす。衆生、起行して口に常に仏を称すれば、仏すなはちこれを聞きたまう。身に常に仏を礼敬すれば、仏すなはちこれを見たまう。心に常に仏を念ずれば、仏すなはちこれを知りたまう。衆生、仏を憶念すれば、仏もまた衆生を憶念したまう。

彼此の三業、あい捨離せず(彼此三業不相捨離)。故に親縁と名づくるなり。(定善義)

簡単にいうと、私が阿弥陀仏を念じることも、手を合わせて礼拝することも、口で南無阿弥陀仏と念仏することも、すべて阿弥陀仏は知っておられるということです。

決して疎遠ではなく、大変親密な関係なのが、阿弥陀仏と私の関係です。

―――――――――――――――――――――――――――

宮田秀成/光顔寺・仏教アドバイザー(真宗教義、脱カルト担当)

Profile
1993年に宗教法人浄土真宗親鸞会に入信、10年間親鸞会講師として活動。
脱会後、親鸞会の教えの誤りに気づき、本願寺派の教えを中心に学びなおす。
現在、浄土真宗本願寺派光顔寺(富山)信徒。
   光顔寺スタッフ。仏教アドバイザー。