【仏教ブログ】「密」を避ける昨今ですが、とても親密なのが阿弥陀仏です 2021年01月01日 00:01

光顔寺明照廟堂(光顔寺 納骨堂)のスタッフ、仏教アドバイザーの宮田秀成です。

年も改まりましたが、昨年来のコロナ禍はいまだ先行きは不透明なままです。それを受けて、2020年のユーキャン新語・流行語大賞は「3密」でした。また2020年の今年の漢字は「密」でした。

新型コロナウイルス感染対策ということで、マスクを着用して人との距離を取るのもすっかり定着してから10ヶ月近く建ちました。以前からの知り合い通しでも、マスクを外して話をしたことがない人が多いです。同居している家族以外は、今まで通りのコミュニケーションが取れなくなりました。

人は孤独な存在ですから、なおさら「密」を避けましょうと言われると、親密な関係の有り難さが知らされます。年末年始に、子供や孫が帰省してこれなくなったことで、それを感じた方も多いのではないかと思います。

家族や知人でも以前より遠いなったような昨今ですから、仏様と聞いてもなおさら自分から疎遠な存在のように思われる人も多いかもしれません。しかし、そうではありません。浄土真宗では、阿弥陀仏と私は大変親密な関係なのだと教えられています。

それが「彼此三業不相捨離(彼此の三業、あい捨離せず)」という善導大師のお言葉です。これは、蓮如上人の書かれた御文章にも引用されています。(3帖目7通)

以下、善導大師の書かれた文章を引用します。

一には親縁を明かす。衆生、起行して口に常に仏を称すれば、仏すなはちこれを聞きたまう。身に常に仏を礼敬すれば、仏すなはちこれを見たまう。心に常に仏を念ずれば、仏すなはちこれを知りたまう。衆生、仏を憶念すれば、仏もまた衆生を憶念したまう。

彼此の三業、あい捨離せず(彼此三業不相捨離)。故に親縁と名づくるなり。(定善義)

簡単にいうと、私が阿弥陀仏を念じることも、手を合わせて礼拝することも、口で南無阿弥陀仏と念仏することも、すべて阿弥陀仏は知っておられるということです。

決して疎遠ではなく、大変親密な関係なのが、阿弥陀仏と私の関係です。

―――――――――――――――――――――――――――

宮田秀成/光顔寺・仏教アドバイザー(真宗教義、脱カルト担当)

Profile
1993年に宗教法人浄土真宗親鸞会に入信、10年間親鸞会講師として活動。
脱会後、親鸞会の教えの誤りに気づき、本願寺派の教えを中心に学びなおす。
現在、浄土真宗本願寺派光顔寺(富山)信徒。
   光顔寺スタッフ。仏教アドバイザー。