お知らせ

[本日開催]お寺 de JAZZ♪2019年02月23日 14:02

Jazzの流れる落ち着いた気軽な空間でコーヒーを楽しみながら光顔寺僧侶が皆さんのお悩みをお伺いします。本日23日午後3時~午後5時。

【時間変更】2019/03/16 アーカイブス法話会のご案内2019年02月16日 16:02

光顔寺では、折々本堂で行われる法話を録画しております。

門徒さんからも「あの時の法話をもう一度聞きたい!」
というご要望をいただくこともあり、
それにお応えして、毎月第3土曜日14時より法話上映会を行うことにしました。

入場は無料です。
光顔寺にある法話の中から、選りすぐりのものを上映させていただきます。
お気軽にご来訪ください。



2019年3月16日(土)

法話上映      13:00~(途中休憩アリ)


御講師       未定

2019/03/17 物故者追悼法要のご案内2019年02月01日 16:02

東日本大震災物故者追悼法要  兼
十六日講物故者追悼法要    兼
光顔寺納骨堂信徒物故者追悼法要



 勤行   13:30~
 仏教講話 14:15~
       (16:15頃 終了予定)

※今回は他派僧侶による特別仏教講話です。



【御講師】

瓜生崇 師
真宗大谷派 教師(滋賀県・玄照寺住職)

元・親鸞会講師部員(専従・インターネット対策等、2005年脱会)
その後、浄土真宗本願寺派 宗学院別科 修了 
元・大阪大学大学院医学系研究科招聘教員

現在
大阪大学キャンパスライフ支援センター招聘教員
日本脱カルト協会理事
真宗大谷派青少幼年センター研究員

2019/02/16 アーカイブス法話会のご案内2019年01月26日 16:01

光顔寺では、折々本堂で行われる法話を録画しております。

門徒さんからも「あの時の法話をもう一度聞きたい!」
というご要望をいただくこともあり、
それにお応えして、毎月第3土曜日14時より法話上映会を行っております。

入場は無料です。
光顔寺にある法話の中から、選りすぐりのものを上映させていただきます。
お気軽にご来訪ください。



2019年2月16日(土)

勤行        14:00~
法話上映      14:15~(途中休憩アリ)


御講師       未定

永代供養付きプランのご説明2018年12月29日 10:12

【メディア掲載】日本経済新聞様に弊寺の取り組みが掲載されました。2018年12月14日 10:12

【メディア掲載・視聴可】2018/12/11(火)18:15~ 北日本放送様のKNB news everyにて弊寺の取り組みが放送されました。2018年12月10日 12:12

明日、2018/12/11(火)18:15~ 

北日本放送株式会社様のKNB news everyに弊寺の取り組みが紹介されました。

KNB news everyのHPより1週間程度の間、放送をご覧いただけるそうです。

URLのリンクを張っておきますので、ご覧ください。

永代供養 墓じまい 納骨堂 富山


【終活通信】散骨は良いこと?そもそも、合法?違法??2018年12月09日 10:12

光顔寺明照廟堂(光顔寺 納骨堂)のスタッフ、終活プランナーのKTです。

それぞれのご判断にお任せしますが、海洋散骨はグレーゾーンとか。
手を合わせる現実的な対象が無いと、まだまだ納得がいかないのが多くの方のご意見、感想です。きれいな文章に騙されませんように。ご参考程度に。

 文中の感心の在る箇所は以下。

帰りの船内では、今井さんは遺族との献杯を交えながら、今後の「ご供養」について語る。海洋散骨には「お墓」のように「ここに行けば(故人に)会える」という場所がないため、今後、どのように故人を弔ったらよいのかと悩む遺族もいらっしゃるのだという。

特に、以下は確心がいかない部分です。手はどこにいても合わす事が出来るが、本当につらい時、自分はどのようにするのだろうかと思った時、両親のお墓で手を合わせる自分の姿しかイメージできないが。

「お墓や遺骨が目の前になくても、皆さんが日々、心の中で故人のことを思い出してあげることが本当の供養ではないでしょうか」

 何か、ちがう。

遺骨遺灰の有害物質(六価クロム)について

【終活通信】永代供養のメリット・デメリット2018年12月03日 18:12

光顔寺明照廟堂(光顔寺 納骨堂)のスタッフ、終活プランナーのKTです。

自身もこの仕事について1年たちました。お墓に関連する記事もネットなどで勉強させていたいて来ました。納骨堂とは何かで、しっくりする言葉が「合祀墓に遺骨を入れること」です。記事のようにデメリツトではなくこれこそが、納骨堂の原点ではないかとおもっています。

お二人用、お一人用、そして合祀と縷々お墓のstyleはありますが、究極の確信を得るためにもこの仕事に携わっていきたいとおもっております。

終活の配信記事が来ました。エンディングノートの究極は自分を振り返ることが基本ですがさらに大切なことは「キーパーソン」を決めることだそうです。認知症の状態になった時、運命を望まないことを「エンディングノートに記載して終わり」ではなく、そんな状態になった時に専門医の医者に対峙してくれる方「キーパーソン」を見つけることが肝要とか。

人それぞれの結論の出し方がありますが、これからも、内覧会にお越しになる方の参考になればと自己研鑽を重ねてまいります。

以下は今日ご紹介した記事内容の一部です。

永代供養のデメリット:合祀されたらもう遺骨を取り出せない

上述したように、合祀をしてしまえば骨壺から遺骨を取り出し1ヶ所にまとめるのでどれが誰の遺骨かわからなくなります。つまり合祀後に改葬(お骨を他のお墓などへ移すこと)などは不可能になります。
永代供養のデメリット:お墓参りに物足りなさを感じる可能性がある

合祀墓に納骨してもお墓参りはできます。しかし、他の方も眠るお墓に手を合わせても一人の大切な故人に向き合っている気持ちになれず、物足りなさを感じてしまう人もいるでしょう。

納骨堂で永代供養は、ほとんどの場合、宗教宗派も問われません。寺院が運営する納骨堂であれば年に二回のお彼岸の季節などでは合同供養が行われますので、安心です。ただ、やはり火葬後すぐに遺骨を合祀してしまうのは、遺された家族にとって悲しい結果になりかねませんので、よく考えて合祀の時期を決めることがおすすめです。

 

http://納骨堂辞典.com/column/231

 

納骨堂 富山 金沢

【終活通信】お彼岸?お日願??2018年11月30日 15:11

光顔寺明照廟堂(光顔寺 納骨堂)のスタッフ、終活プランナーのKTです。

従来のお墓の参り方について縷々adviceされているblogがありました。拝借して掲載させていただきました。

 納骨堂はこんなご苦労を解消してくれる新しいお墓のstyleです。

こんな話題とは別に。

9月23日は「秋分の日」夜と昼の長さが半分づづで12時間。秋分の日に、ご先祖様の供養の法要を行えば、ご先祖様だけでなく自分自身も西のかなたの極楽浄土へ到達することができ、またご先祖様への思いも最も通じやすくなるのではないかという思想が生まれ、お彼岸にはご先祖様の供養のためにお墓参りをするという行事が定着していったとのことです。

そういった説がある一方で、そもそも仏教が伝わる以前から、日本にはご先祖様や自然を崇拝する風習がありました。自然への信仰、つまり太陽への信仰を指していた「日願」が仏教の彼岸と結びついたという説もあるようです。

 

https://みお.net/3344.html?fbclid=IwAR3baqQ-KUB0B9SvqcklBDwg8tg7Dt1nW-8NRXYsKk697qF_Sc1aAxnY5k8

 

1 2 3 4 5 10