お知らせ

永代供養付きプランのご説明2018年12月29日 10:12

【メディア掲載】日本経済新聞様に弊寺の取り組みが掲載されました。2018年12月14日 10:12

【メディア掲載・視聴可】2018/12/11(火)18:15~ 北日本放送様のKNB news everyにて弊寺の取り組みが放送されました。2018年12月10日 12:12

明日、2018/12/11(火)18:15~ 

北日本放送株式会社様のKNB news everyに弊寺の取り組みが紹介されました。

KNB news everyのHPより1週間程度の間、放送をご覧いただけるそうです。

URLのリンクを張っておきますので、ご覧ください。

永代供養 墓じまい 納骨堂 富山


【終活通信】散骨は良いこと?そもそも、合法?違法??2018年12月09日 10:12

光顔寺明照廟堂(光顔寺 納骨堂)のスタッフ、終活プランナーのKTです。

それぞれのご判断にお任せしますが、海洋散骨はグレーゾーンとか。
手を合わせる現実的な対象が無いと、まだまだ納得がいかないのが多くの方のご意見、感想です。きれいな文章に騙されませんように。ご参考程度に。

 文中の感心の在る箇所は以下。

帰りの船内では、今井さんは遺族との献杯を交えながら、今後の「ご供養」について語る。海洋散骨には「お墓」のように「ここに行けば(故人に)会える」という場所がないため、今後、どのように故人を弔ったらよいのかと悩む遺族もいらっしゃるのだという。

特に、以下は確心がいかない部分です。手はどこにいても合わす事が出来るが、本当につらい時、自分はどのようにするのだろうかと思った時、両親のお墓で手を合わせる自分の姿しかイメージできないが。

「お墓や遺骨が目の前になくても、皆さんが日々、心の中で故人のことを思い出してあげることが本当の供養ではないでしょうか」

 何か、ちがう。

遺骨遺灰の有害物質(六価クロム)について

【終活通信】永代供養のメリット・デメリット2018年12月03日 18:12

光顔寺明照廟堂(光顔寺 納骨堂)のスタッフ、終活プランナーのKTです。

自身もこの仕事について1年たちました。お墓に関連する記事もネットなどで勉強させていたいて来ました。納骨堂とは何かで、しっくりする言葉が「合祀墓に遺骨を入れること」です。記事のようにデメリツトではなくこれこそが、納骨堂の原点ではないかとおもっています。

お二人用、お一人用、そして合祀と縷々お墓のstyleはありますが、究極の確信を得るためにもこの仕事に携わっていきたいとおもっております。

終活の配信記事が来ました。エンディングノートの究極は自分を振り返ることが基本ですがさらに大切なことは「キーパーソン」を決めることだそうです。認知症の状態になった時、運命を望まないことを「エンディングノートに記載して終わり」ではなく、そんな状態になった時に専門医の医者に対峙してくれる方「キーパーソン」を見つけることが肝要とか。

人それぞれの結論の出し方がありますが、これからも、内覧会にお越しになる方の参考になればと自己研鑽を重ねてまいります。

以下は今日ご紹介した記事内容の一部です。

永代供養のデメリット:合祀されたらもう遺骨を取り出せない

上述したように、合祀をしてしまえば骨壺から遺骨を取り出し1ヶ所にまとめるのでどれが誰の遺骨かわからなくなります。つまり合祀後に改葬(お骨を他のお墓などへ移すこと)などは不可能になります。
永代供養のデメリット:お墓参りに物足りなさを感じる可能性がある

合祀墓に納骨してもお墓参りはできます。しかし、他の方も眠るお墓に手を合わせても一人の大切な故人に向き合っている気持ちになれず、物足りなさを感じてしまう人もいるでしょう。

納骨堂で永代供養は、ほとんどの場合、宗教宗派も問われません。寺院が運営する納骨堂であれば年に二回のお彼岸の季節などでは合同供養が行われますので、安心です。ただ、やはり火葬後すぐに遺骨を合祀してしまうのは、遺された家族にとって悲しい結果になりかねませんので、よく考えて合祀の時期を決めることがおすすめです。

 

http://納骨堂辞典.com/column/231

 

納骨堂 富山 金沢

【終活通信】お彼岸?お日願??2018年11月30日 15:11

光顔寺明照廟堂(光顔寺 納骨堂)のスタッフ、終活プランナーのKTです。

従来のお墓の参り方について縷々adviceされているblogがありました。拝借して掲載させていただきました。

 納骨堂はこんなご苦労を解消してくれる新しいお墓のstyleです。

こんな話題とは別に。

9月23日は「秋分の日」夜と昼の長さが半分づづで12時間。秋分の日に、ご先祖様の供養の法要を行えば、ご先祖様だけでなく自分自身も西のかなたの極楽浄土へ到達することができ、またご先祖様への思いも最も通じやすくなるのではないかという思想が生まれ、お彼岸にはご先祖様の供養のためにお墓参りをするという行事が定着していったとのことです。

そういった説がある一方で、そもそも仏教が伝わる以前から、日本にはご先祖様や自然を崇拝する風習がありました。自然への信仰、つまり太陽への信仰を指していた「日願」が仏教の彼岸と結びついたという説もあるようです。

 

https://みお.net/3344.html?fbclid=IwAR3baqQ-KUB0B9SvqcklBDwg8tg7Dt1nW-8NRXYsKk697qF_Sc1aAxnY5k8

 

【終活通信】「相続で預金凍結」について2018年11月30日 15:11

光顔寺明照廟堂(光顔寺 納骨堂)のスタッフ、終活プランナーのKTです。

終活の話題以前に、高齢者のご両親をお持ちでしたら、常識として知っているべきですね。凍結する銀行の立場も理解できるし、預金を下ろした方が守るべき事項も記載されています。暗証番号は、どこかの時点で共有そして記録にと止める重大事項だとおもいます。

 

【終活通信】高血圧の治療と薬と医療制度の問題2018年11月26日 20:11

光顔寺明照廟堂(光顔寺 納骨堂)のスタッフ、終活プランナーのKTです

新聞の記事内容にびっくり。高血圧の原因は2つあり、対策として処方されている薬が適切に使用されていない日本の医療制度。医者だけが、製薬会社が利益を上げ続ける仕組みですか。それにしても、65才になると高血圧は病というより、加齢に伴う、自然現象に見えて仕方がない。服薬しての効果があると思い続けて生涯薬を飲み続けておられる方が多いはずです。

服薬やめる生活習慣を変える方策を見いだすことが優先されるのでは。明日から終活の通信講座を受けることになります。専門家の方はどんなアドバイスをしてくれるのか、楽しみです。

以下、厚生労働省の資料です。ヨミドクの本文も参照してください。

2016年10月13日
高血圧性疾患の年間医療費は1兆8,890億円 平成26年度 国民医療費の概況

カテゴリー: 高血圧 医療費 国民医療費(厚生労働省)

平成26年度の国民医療費は40兆8,071億円で、前年度の40兆610億円に比べ7,461億円、1.9%の増加という結果になりました。人口一人当たりの国民医療費は32万1,100円で、前年度の31万4,700円に比べ6,400円、2.0%増加しました。

国民医療費の国内総生産(GDP)に対する比率は8.33%(前年度8.30%)、国民所得(NI)に対する比率は11.20%(同11.16%)でした。

このうち、高血圧性疾患の医療費は1兆8,513億円でした。
これを年齢別にみると以下のような結果です。

0~14歳 2億円
15~44歳 362億円
45~64歳 3,830億円
65歳以上 1兆4,319億円
70歳以上 1兆1,950億円
75歳以上 9,227億円

●情報ソース:平成26年度 国民医療費の概況(厚生労働省)

あなたはその降圧薬で大丈夫?…高血圧に二つのタイプ、効く薬も違います

 

終活 健康 医療

【終活通信】みのもんたさんの終活2018年11月26日 20:11

光顔寺明照廟堂(光顔寺 納骨堂)のスタッフ、終活プランナーのKTです

正直、個人的にはこの方にはよい印象はありませんが、テレビのワイドショーで著名な方あり、参考になる終活のご意見です。
皆様の参考になればとアップしました。

https://www.news-postseven.com/archives/20180917_761560.html?PAGE=1#container

事業継承 寄付 生前整理

【終活通信】スター・錦野旦さんの墓じまい2018年11月22日 18:11

光顔寺明照廟堂(光顔寺 納骨堂)のスタッフ、終活プランナーのKTです。

文中のお墓のコメントです。こんな考え方もあるということで、ご紹介します。

実は、お墓も引っ越したんです。前の妻が入っている立派なお墓があったのですが、車で2時間くらいかかる距離で足が遠のいていた。さらに両親に尋ねたら、そこには入らないで近くで永代供養してもらうと言う。夫婦で話し合ったら、妻は“私、あなたが入っても(墓参りに)行けないよ。足がないし”と。そこでお墓を探すことにしたら、事務所から自転車で行ける距離でマンション型のお墓がみつかりました。お墓はお参りに行かなきゃ意味がないし、見栄を張る必要もない。お参りに行く人の気持ちを重視して即決しました。

 自分の墓や死んだ時のことを考えるのは気分のいいものではないかもしれないけど、元気なうちに家族でどんどん話しておいてよかった。僕はのんべんだらりとしていたけれど、妻がリードしてくれたおかげです。

https://www.news-postseven.com/archives/20180916_760744.html?PAGE=1#container

 

1 2 3 4 5 10