【終活通信】葬儀、納骨、永代供養・・・多くのことが加速的に変化する? 2018年10月27日 09:10

自分が倒れた時、望み通りの看取り、葬送をしてもらえるか?その不安を解消する横須賀市の終活支援サービス-

2040年には、全世帯の4割がひとり暮らしになるという。その前に、ひとり暮らしの人への強力な終活支援となる、この2つの事業を、ぜひとも多くの自治体で導入してほしいものだ。

 

光顔寺越乃國阿弥陀堂(光顔寺 納骨堂)のスタッフ、終活プランナーのKTです。

 

22年後とは90歳。残念ながら見ることのない世界です。その10年前は2割は超えているはず。世の中には2対8の法則があるとか。

https://panda-ondo.org/…/%E4%BA%BA%E9%96%93%E9%96%A2%E4%BF…/

 

2割を超えると、環境が変化するということ。

葬儀、納骨多くのことがこれからも加速的に変化するでしようね。県内の自治体はどのように対応されるのでしょうか。
裕福な県民性からすれば、家族の中でうまく対応していくのかもしれません。

 

驚異の豊かさ…「富山は日本のスウェーデンだ」と言いたくなる理由