【納骨堂だより】「死」の現実に直面した時 2018年07月31日 01:07

光顔寺越乃國阿弥陀堂(光顔寺 永代供養型納骨堂・室内墓)のスタッフの一員、KTです。

終活がブームとなる現代において、納骨堂販売のスタッフになり、自治会で老人会のお世話をする立場となったきっかけで、今はやりの「終活プランナー」の勉強をしています。

自身の結論まだまだ先の話ですが、こんな記事を見てさらに悩んでいるところです。

「死」を迎えた時の御本人、御家族の選択は「それぞれ」ですが、「事前に考えたこと」と、「現実に直面した時」とはかなりのギャップがあるという事実に、妙に納得したしだいです。

 

記事は以下からはじまります。

 

7 時間前 – たまに実家に帰ったとき、ふと見た親の背中に老いを感じたことはないだろうか。まだまだ元気だと思っていても誰にでも最期は訪れる。団塊の世代800万人が75歳以上になる2025年以降、親の介護や看取りに直面する家族はいっそう増えるだ …

親の延命治療 – Yahoo!ニュース – Yahoo! JAPAN
https://headlines.yahoo.co.jp/article…

 

終活プランナー,介護,納骨堂